裏抜けしにくい

のれんの種類や技術

暖簾は生地との相性で、染めの具合が変化します。
にじんだり、色が透けてしまうと、どうしてもぼやけた印象になりがちです。

染色は生地と顔料の相性を知ってから、最適な組み合わせを選択するのがポイントです。
裏抜けしにくい暖簾にしたい場合は、顔料プリントを検討すると良いでしょう。

顔料プリントを綿に直接、インクを載せていく方式で印刷します。
綿の風合いを強めたいときは、先染め綿を使用すると良いでしょう。

綿の風合い

先染め綿は、綿そのものが先に染められているので、そこに顔料インクが
上乗せされるので、色の強調効果も強くできます。

予算に応じて選択しましょう。顔料プリントは、記事の表面に染色するスタイルです。
裏面への影響がないですし、にじんだりしないのも特徴です。

染色した絵や文字に、耐久性が高く、日光による色褪せも発生しにくくなります。
裏抜けと対照的なのが反応染めなので、顔料と生地を反応させることなく
プリントできるかに注目すると良いでしょう。

生地に反応させないというのは、生地の表面にだけプリントすることを意味しています。
生地の表面

顔料プリントは綿との相性が良いので、やわらかな風合いや
和風ならではの雰囲気にも最適な仕上がりです。

低コストで仕上がるだけでなく、耐久性も良いことから、イベントでの製作に留まらずに
恒久的に使用する暖簾にも最適です。

耐久性の高さから、日除けとしての利用にも最適です。
色鮮やかで、にじみのない仕上がりを期待したいのなら、顔料プリントに注目しましょう。

© 2014-2017 アジアンのれんを楽しむ