ラジャスタンの飾りのれん

のれんの種類や技術

のれんと言えば、目隠しに以前はよく使用されていましたが
近年の家ではあまり見かけなくなりました。

目隠しとして

しかし今、様々な素材や色で密かに人気を集めています。
その中でもインドチックなムードが溢れるラジャスタン柄は、
インド北部のラジャスタンの生地で生まれました。

色合いも実に様々です。ラジャスタン州では、街のあちこちでこれをかけていて
観光客の目も楽しませてくれています。

派手すぎるかなと思われるぐらい派手なのものが多いのが特徴です。

数年前からのアジアン雑貨ブームに乗って、和室にも洋室にもアジアンテイストの
家具や雑貨類は一般の家庭でも自然に多く取り入れられています。

のれんは本来目隠し程度で家の中ではわき役のような役目でしたが、
これをかければ一気にお部屋が明るくなり、家にいても旅行気分のようになります。

来客もこの一風変わったのれんに興味津々になることは間違いないです。
柄もさまざまあるので四季を通じて毎日違うものをかけるのもまた楽しいのではないでしょうか。

また柄だけでなく形も様々ですのでいろんな形に挑戦してみても面白いです。
インドに旅行したことがある人はその思い出がよみがえってくるようですし、
旅行したことがない人はまるでインドに旅行に行ったかのような錯覚すらするほど、
毎日が楽しくなります。

柄を選ぶ

アジアンチックなものが好きな人でもそうでない人でも一度
このインドムードあふれるのれんを使用すればリピートすることは必至でしょう。

© 2014-2017 アジアンのれんを楽しむ