バンブーカーテン

のれんの種類や技術

 アーリーアメリカンやナチュラルテイスト、モノトーンなど
お部屋のコーディネートを考えるのは楽しい時間です。

部屋のコーディネート

最近は海外で日本の畳や和紙が注目されていることもあり、
和の文化が見直されています。

とはいえ、和室にちゃぶ台、レースのカーテンではおしゃれさに欠けている感が
否めません。そんなときにはバンブーカーテンを使ってお部屋のちぐはぐさを
排除していきましょう。

竹でできたスクリーンというとすだれやよしずを思い浮かべますが、
それらは基本的には窓の外で使われています。

おしゃれというよりも直射日光をふせぐという実用的なイメージがあります。
いっそカーテンを竹製にしてみたのがバンブーカーテンです。

細いひご状ににした竹を編んで作られているので、外からは中が見えにくいのですが、
中からは外が透けて見えるのでお部屋が広く感じられます。

映画でよく見る御簾のようなイメージで、アジアンテイストのお部屋の雰囲気を存分に楽しめます。

和室

竹でできているといってもアコーディオン状にたたむことができるので
今あるカーテンレールに簡単に釣ることもできますし、部屋の区切り部分として
つっぱり棒を利用してのれんのように使用することも可能です。

隙間が空いていることで風の流れも止めませんし、レースのカーテンと違ってほこりが立ちません。

のれんとして使用するのであれば折りたたみのないタイプも選べますし、編み方や
カラーバリエーションも豊富にあります。カーテンといえばレースや布製、と決めなければ、
バンブーカーテンでアジアンテイストや和テイストが満喫できます。

 

© 2014-2017 アジアンのれんを楽しむ