お洒落な間仕切りになるアジアンのれん

のれんのことを気にする

 ヨーロピアンや北欧テイストなども素敵ですが、アジアンテイストの場合は
もともと日本もアジアiの一国ですし、オリエンタルな雰囲気が醸し出す
独特の美しさやゆったりとリラックスできるという特徴もあることから、
和風のインテリアともなじみやすく、それでいて洋室でもおしゃれな
アクセントになるといった使い勝手の良さも、人気のポイントとなっています。

のれんの製作にあたり知っておきたいこと

そんなアジアンテイストインテリアの中でものれんは扉の代わりとしても役立ちますし、
部屋の間仕切りとしても利用できるため、重宝するアイテムです。

たとえば人の目線の高さにのれんを設置することで、圧迫感なく間仕切りとして
空間を仕切ることが可能であり、アジアンデザインならばさほど派手な柄の
デザインでもないため、他のインテリアともマッチングしやすく、うるさいと感じることもありません。

また光を柔らかく遮ることも可能ですし、雑多なアイテムを目隠しするためにも活用することができます。

のれんの形や特徴をよく知ることから始めよう

さらにのれんそのもののカラーや素材、デザインなどの美しいものを選べば、
それだけでインテリアとして充分役立ってくれるため、間仕切りとして使用しても
まるでタペストリーが飾られているかのように室内をおしゃれに彩ってくれます。

このように間仕切りや目隠し、遮光性などの実用性とともに、素材やカラー、
模様などによってデザイン性も兼ね備えているため、のれんは大変優秀な
インテリアツールであり、室内のイメージチェンジなどにもオススメなアイテムです。

 

© 2014-2017 アジアンのれんを楽しむ